薬で性欲が減退する理由

薬と水のグラスを持っている男性

薬を使用して性欲が減退する場合があります。
その様な症状を及ぼす可能性がある医薬品として育毛剤や抗うつ薬といった精神薬、降圧剤などが挙げられます。
これらにはホルモンのバランスに影響を与える作用があり、ホルモンのバランスにより性欲が減退してしまうことが理由になります。

この様な症状が出て気になる場合は、掛かり付けの医師に相談することで適切に対処してくれます。
男性の場合は、性行為の最中に性機能不全に陥ることもあり、その時の精神的なショックは計り知れず、更なる精神的な要因として続く場合があるため、男性は特に注意が必要になります。
ここで、最も大切なのは自分自身で判断しないことです。
薬の影響にも拘らず、性機能不全に陥ったと思い、ED治療薬を服用する方がいます。
それぞれ反対の用途で効果を持つ薬を使用した場合、副作用の問題が起きるため慎重になることが大切です。
まずは、性欲減退の理由を医師に相談することで解決することができます。

最近では、このような場合に備えて医療機関や処方してくれる薬局にて用途や副作用について医療手帳や服用の説明が書かれた書類を使って詳細に説明を行なってくれます。
その中には性欲減退の理由についても含まれています。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧