• ホーム
  • 頭皮の乾燥を改善してかゆみを防ぐ

頭皮の乾燥を改善してかゆみを防ぐ

頭皮のかゆみの原因になるのが乾燥です。
頭皮の乾燥が進むと乾燥が原因になってかゆみやフケが出てくることが多く、さらに症状が進むとかさぶたや、痛みが出てしまうこともあります。
頭皮の乾燥は、間違ったシャンプーの仕方をしていることが多いのですが、本当は乾燥しているのに皮脂が出て髪の毛や頭皮のべたつきやふけ、かゆみが気になり過剰にシャンプーをして頭皮をさらに乾燥させてしまう人が多いのです。

顔や体の肌と同じように、頭皮には自分自身を守る働きのバリア機能という働きが備わっています。
頭皮を作っている細胞のひとつひとつに水分がたっぷりと含まれている状態の時には、細胞が正常に働くために外部からの刺激を受けても過剰に反応しないように守ることができますが、細胞に水分が足りない状態になると外からの刺激を受けて炎症を起こしたり、さらに乾燥したりしてしまいます。

乾燥が進むと角質層の潤いを保てなくなり、角質層の表面がめくれたり、はがれたりしてしまい細胞内部の水分が蒸発しやすい状態になります。
炎症を起こしやすく、水分不足で刺激に弱いためかゆみや赤み、痛みなどを感じなくなるというわけです。
角質層の表面ではがれた皮膚はフケになり、ぽろぽろと落ちてくるようになります。
フケが出ているときは、頭皮が乾燥しているサインともいえるのです。

頭皮が乾燥していても、べたつきを感じてしまい洗浄力が強いシャンプーを使ったり、何度も洗ったりしてしまうことがありますが、乾燥した頭皮は肌を守るために過剰に皮脂を分泌して肌の表面を潤わせようとします。
本当は乾燥しているのに頭がべたついてしまうために乾燥していることに気付くことができず、シャンプーをしてさらに頭皮を乾燥させてしまっている人がたくさんいます。
フケがでていたり、もともとひどい脂性ではないはずなのにべたつきが気になるようになって来たりした場合には、頭皮が乾燥している可能性があります。

頭皮のかゆみを予防する方法について

頭がかゆくて仕方がないという場合には、初めにシャンプーを見直すことをおすすめします。
乾燥しやすく敏感になりやすい頭皮は、毎日のようにシャンプーをしているためシャンプーを見直すことで乾燥対策になり、かゆみやフケなども改善する場合が多いのでかゆみを予防するためにはシャンプーを見直してみることをおすすめします。

熱めのお湯を使用している場合には、油である皮脂が溶けてお湯で流されてしまいます。
この時過剰な皮脂が流されるのはよいのですが頭皮のうるおいに必要な皮脂まで流れてしまうため頭皮がうるおいを保つことができなくなって乾燥してしまいます。
熱いお湯を使っている人は乾燥を予防するために少しぬるいと感じる程度の温度に変えてみましょう。

シャンプーをつけるときに手のひらに取ってそのまま頭皮につけている人も見直しが必要です。
洗浄成分をそのまま肌につけてしまうとうるおいに必要な皮脂が取り除かれてしまう上に洗浄成分の刺激を受けることにもなってしまいます。
手のひらで軽く泡立ててから頭皮ではなく髪の毛にシャンプーをつけて、髪の毛を利用してよく泡立ててから頭皮を洗うようにすることが乾燥対策のための正しいシャンプーの仕方です。
また、爪や指先を立ててごしごし洗うのではなく、指の腹でマッサージをするように優しく洗うようにすることもポイントです。

洗い流すときにもぬるめのお湯を使い、シャンプーが頭皮に残らないようにたっぷりの量ですすぎましょう。
頭皮にシャンプーが残っているとかゆみの原因になります。
ぬるめのお湯をたっぷりと使ってすすぎを十分に行うことで、シャンプーによるかゆみを改善することができる場合もあります。
刺激が少なく、肌に優しいシャンプーを使ってかゆみを予防する方法もおすすめです。

関連記事