• ホーム
  • AGA改善から遠ざかる生活習慣とは?

AGA改善から遠ざかる生活習慣とは?

AGAは生活習慣を見直すことによって薄毛などの症状が改善されるのかというと、どちらとも言えないのが現状です。
AGAは男性ホルモンが原因で症状があらわれるものですので、進行を抑制することが出来ても、治すということは難しいためです。

また、AGAは生活習慣の乱れが必ずしも悪影響を与えているとは言えません。
AGAの症状である薄毛は生活習慣の乱れによっても起こるため、AGAと生活習慣については別にして考えるほうが良いでしょう。
ただ、生活習慣を見直すことにより、薄毛を改善することが出来る可能性はあるという事は覚えておきましょう。

睡眠を見直す
髪の毛の成長を促進させるホルモンは寝ている時に分泌されます。
そのため、睡眠不足の状態では髪の毛の成長に必要なホルモンが十分に分泌されない事が考えられます。
飲酒や喫煙を見直す
過度の飲酒や喫煙は薄毛の原因になります。
適度な飲酒については、血行促進効果を期待することが出来ますので、髪の毛に悪いとは言えません。
しかし過度のアルコール摂取は、アミノ酸が大量に使われることで、髪の毛が細くなってしまいますので、避けるべきでしょう。
喫煙については、血行が悪くなるため髪の毛の育毛・発毛に必要な栄養が十分に頭皮に届かない事になってしまいますので、注意が必要です。
食事を見直す
食事内容が偏っていると、ミネラルやビタミンが不足しがちになります。
インスタント食品ばかりを食べていると、髪の毛を構成するタンパク質の摂取量が少なくなってしまいます。

なお、有酸素運動を行うことでAGAを改善する効果が期待されるということも言われています。
有酸素運動は全身の血行を促進させる効果はあるものの、それがAGAの改善に繋がるのかというと、疑わしいと言わざるを得ません。
運動を習慣化することで、肥満予防や健康維持につなげることは出来るでしょう。

AGA改善ができる食事とは?

AGA改善のために食事内容を見直すのであれば、最初に普段の食事を考えるようにしましょう。
栄養バランスが取れていると思っている人でも、実際に何を食べたのかを書き出してみると意外と偏ってしまっていることもあります。

髪の毛の育毛・発毛に欠かすことが出来ない栄養素として、タンパク質が挙げられます。
タンパク質は肉類・魚類・卵・大豆などに多く含まれています。
必要量を摂取することが難しいという場合には、プロテインを使用するという方法もあります。
プロテインというと、筋トレを行う人が飲むものというイメージがありますが、製品により若干の違いはありますが、タンパク質が主成分ですので、脂質などの摂りすぎを抑えて、十分な量のタンパク質を摂ることが出来ます。

せっかく摂取したタンパク質を無駄にしないためにも、ビタミンも摂取しましょう。
ビタミンには、タンパク質の吸収を促進する効果があります。
ビタミンは野菜や果物に豊富に含まれています。
また、これらの食材にはビタミンだけではなくミネラルも含まれていますので、積極的に食べるようにしましょう。

AGAの原因とされる5αリダクターゼを抑制する効果があるとされているのが亜鉛です。
亜鉛が不足すると、髪の毛が細くなったり、白髪が増えるとされています。
亜鉛を毎日十分な量を摂取することが難しいという場合には、サプリメントを利用することをおすすめします。

食事の見直しでは、足りない栄養素を知り、それらを補充するようにすると、一つの栄養素を過度に摂取するということを防ぐことが出来ます。
また、普段の食事から摂取することが難しい栄養素があれば、必要に応じてサプリメントなどの健康食品を利用してみると良いでしょう。

関連記事